便秘解消に効くオリゴ糖で最近は快便です!

今では毎朝絶好腸で快便になりましたけど、妊娠中はかなり便秘に苦しみました^^;
それまでもあまり便秘で辛かったことはなかったんだけど、あの時ばかりは初めての切れ痔も経験しとっても痛かったです。

妊娠中に便秘になることは結構当たり前のようですけど、
酷い人だと妊娠中に痔の手術をする人も中にはいるんだとか!

一般的にはお腹に赤ちゃんがいて便秘になってもほとんど影響はないと言われているようですけど、
詳しく調べてみるとそうでもないようです^^;

妊娠中はなんで便秘になりやすいの?

ホルモンの影響

妊娠中は「プロゲステロン」というホルモンの量がかなり増えます。実はこのホルモン、腸の働きを抑制してしまうんです。
なので、便通に必要な腸のぜんどう運動の働きも鈍るわけなんですね。

水分が赤ちゃんに摂られる

妊娠中ってがんばって水分を摂ってもそれが赤ちゃんに摂られてしまうんです。そのせいで、腸内の便の水分も少なくなってしまいます。

子宮に圧迫される

赤ちゃんが大きくなるにつれてお母さんの子宮がどんどん大きくなり、腸が圧迫されるようになります。
その結果、便を出しやすくする運動機能も弱くなってしまうんです。

私の場合、妊娠中期からどんどん便秘が悪化していったので子宮の圧迫が一番の原因だったと思います。
その次は便が固くなってしまったこと。水分摂取はノンカフェインのものを十分摂ってたつもりだったんですけど足りなかったようです^^;

妊娠中の便秘解消に効果的な食べ物

便秘解消には食物繊維が効果的!というのは昔からよく言われてますけど、
今思えば、便秘になったからといって特にたくさん食べたものってないんですよね^^;

食物繊維というと、根菜のごぼう、きのこ類、果物だとリンゴが有名ですけど、
水溶性と不溶性食物繊維があるのはご存知でしょうか?
実はこの2つ、腸への働きが違うのでどちらか一方をたくさん摂っても便秘解消にはならないんですよね。

水溶性食物繊維の働き
名前の通り保水性が高いです。また、食後の血糖値上昇を緩やかにしてくれます。
不溶性食物繊維の働き
水に溶けにくい性質で便のかさを増してくれます。また、腸の有害物質を排出する効果もあります。

かた~い便でなかなか出ないという方が、
一生懸命不溶性の食物繊維を摂っても便のかさが増えて余計苦しくなるだけなので逆効果です。
その場合はまず水溶性の食物繊維を先に摂取して腸内の水分を増やすことが大事になってきます。

では水溶性の食物繊維で一番手軽に摂れるものは何か?というと、
カレー粉ピュアココアです。
カレーが嫌いな人はいないと思いますけど、固い便にはカレーが手っ取り早くていいですよ^^

妊娠後期はオリゴ糖で便秘を乗り切りました

妊娠後期の便秘は最初も言いましたけど、痛い思いで大変でした^^;
汚い話で申し訳ないですが、うんちがガチガチに固くて直腸にあるのはわかってるのにガチガチで出てこないんですよね。
水分摂ってもダメだし、便秘薬にも頼りたくなかったので何か便秘解消になるものはないかといろいろ探しました。

そして見つけたのがオリゴ糖です^^
ただのオリゴ糖じゃなくて、高純度のオリゴ糖だから効果も抜群でしたね。

  • 赤ちゃんでも飲める
  • 何にでも混ぜることができる

ご飯を炊くとき、お味噌汁、コーヒー、お茶とオリゴ糖自体にほとんど味がついていないので気軽にいろんなものに混ぜて摂取していましたよ。

私みたいに、妊娠中 便秘にならないために、便秘は妊娠中期から対策しておくことをオススメします^^

コメントを残す